みやま犬猫病院

みやま犬猫病院は、群馬県前橋市にある
犬・猫の全科診療動物病院です。

027-212-3803

スタッフ紹介

歯の手術の安全性に関して

2019.8.11
長かった梅雨が明けて猛暑日が続きますが、ワンちゃん、ネコちゃんはお元気ですか?
さて、歯の病気に関して色々とお話してきましたが、今回は歯の治療(主に歯周病)を全身麻酔下で行うことが安全かどうかを、当院の手術数をお示しすることで参考にしていただければと思います。
この表は当院が開院してから2019年8月10日までの全手術数と歯科手術数の内訳です。
今年は歯の手術が非常に多く、既に前年度の数を上回っています。特に8月上旬は犬猫の歯医者さんなのではないかというくらい歯の手術ばかり入っていました。
ここでいう『手術による事故』とは、『歯科手術において、麻酔をかけてから手術が終わり麻酔から覚めるまでに加えて術後2週間まで』、に全身状態の悪化や、手術部位からの大量出血を呈したものをいいます。75件手術をして、事故は0件でした。
起こりうる最も怖い合併症は、歯周病細菌が全身にまわることによる非常に重度な全身性の炎症です。命にかかわることもありますので、術前に身体検査や全身状態のチェック、血液検査などで基礎疾患の確認をしっかりしています。
また、高齢だから、という理由だけでは手術の対象外とはしていません。手術中は様々な項目をチェックし、最低量の麻酔で管理できるように心がけています。痛み止めも予想される痛みに応じて使い分けています。
これから新しくワンちゃんネコちゃんをお家に迎える方、迎えたばかりの方は、是非歯磨きを習慣づけましょう。大変だったら家族で分担してもいいですね。色々なデンタルグッズが販売されていますが、歯磨きに勝るものはありません。ガムも一部の歯には有効ですが、全ての歯に均等に効果はありません。また、すごく硬いヒヅメや骨が売っていますが、歯が割れることが非常に多いので危険です。
毎日完全にはできないと思いますが、少しでも継続することが大事です。
人間が何年も歯磨きしなかったらどうなるかを考えたらゾッとしますよね。

みやま犬猫通信に戻る

みやま犬猫病院
  • トップページ
  • 診療案内
  • 医院概要
  • 院長あいさつ
  • みやま犬猫通信
  • アクセス
トップへ戻る
Copyrights© みやま犬猫病院 All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載